信頼の高いカベルタの理由

カベルタはバイアグラのインド製ジェネリック医薬品の一つです。
つまり、ED治療薬として利用されるのです。
数あるバイアグラのジェネリック医薬品のなかでも信頼性が高いのが他の製品にはないポイントの一つとなっています。
なぜ、信頼性が高いかというと、このジェネリック医薬品はインドのRanbaxyLaboratories社という製薬会社で製造販売されています。
それだけで聞くと「海外の製薬会社が作ったものだから信頼することができない」と思う人も少なくありません。
確かに、海外の製薬会社のなかには日本の製薬会社と違って品質の低いものを製造販売しているところもあります。
しかし、RanbaxyLaboratories社は日本の製薬会社と大きな関わりを持っているのです。
というのも、2008年に第一三共株式会社が買収しているのです。
第一三共株式会社というと日本の大手製薬会社の一つであり、そこの傘下にあるわけです。
そのため、インド製でありながらも日本の製薬会社が関わっていると言うことで他の海外製薬会社に比べたら高い信頼性があるわけです。
バイアグラのジェネリック医薬品を利用するという人のなかには、信頼の高いカベルタを選択する人が非常に多いのです。
そもそもなぜ第一三共株式会社がRanbaxyLaboratories社を買収したかというと、インドの特許の考え方の違いがあります。
特許には、製造特許と物質特許の2種類があり、インドでは物質特許という考え方がないのです。
つまり、特許登録している製造方法で何を作っても特許権を侵害されることはありません。
一方、日本を始めとした多くの国々では物質特許もあるので、物質に特許登録されていたら別の製造方法で作っても特許権の侵害になるのです。
その差がインドでジェネリック医薬品が製造される理由です。
ただ、2014年にバイアグラの製造特許も物質特許も切れてしまいます。
つまりどの製薬会社もバイアグラの含まれている有効成分「シルデナフィル」を製造販売することができるわけです。
第一三共株式会社は日本国内で他社メーカーよりいち早くバイアグラのジェネリック医薬品の製造販売をしてシェアを確保しようとした結果がRanbaxyLaboratories社の買収と言われています。
カベルタの製造方法を元にバイアグラのジェネリック医薬品の製造の準備をすることで、特許が切れて直ぐに製造販売できるようにするわけです。
そのため、今年2014年からもしかしたらカベルタと同じ製造方法で作られたバイアグラのジェネリック医薬品が日本国内で製造販売される可能性も高いです。
バイアグラは一錠1000円以上もする効果なものです。
それがバイアグラのジェネリック医薬品であれば半値以下で入手できると言われています。
今後は、今まで以上に、より日常的に利用できるチャンスが高まっていくのでしょう。