インドで作られているカベルタ

勃起不全に悩まされた時、頼りになるのがED治療薬です。
ED治療薬としてもっとも有名なのがバイアグラですが、現在存在するED治療薬はバイアグラだけではありません。
他にもいろいろなED治療薬があるのです。
バイアグラのジェネリックのカベルタもその一つで、多くの勃起不全に悩まされている方を助けています。

日本のクリニックに行くと、診察後の処方箋を渡されます。
それを持って調剤薬局に行くと、処方された薬ではなく、「ジェネリックにしますか」と聞かれたことはありませんか。
最近は、テレビのコマーシャルでも、ジェネリックをPRするコマーシャルをよく見かけるようになりました。
このジェネリックとは、先発薬の主成分と同じものが使われている医薬品のことです。

他の成分には小さな差異はありますが、ほとんど先発薬と同じと言ってよいでしょう。
主成分が同じなのですから、効果も先発薬と同じだと思って間違いありません。
ただ、他の成分は少し違っているため、効き方が少し違うこともあります。
先発薬の場合、開発して承認されるまでに莫大な研究費が投入されています。
そのため、価格がかなり割高に設定されていることがあり、患者は服用したいのに費用のことを考えるとできないというジレンマを生み出しています。
ところが、ジェネリックにはそのようなことはありません。
研究費をほとんど使っていないため、かなり割安な価格で販売することができるのです。
そのため、日本では医療費の抑制のため、ジェネリックを選んでもらおうという動きがあるほどです。
バイアグラも先発薬ですが、さらに保険適用外であるためすべて自己負担になってしまいます。
ただでさえ高いところに持ってきて、すべて自己負担しなければならないのですから、服用する方にとってはかなりの負担でしょう。
バイアグラを服用したいと思っていたとしても、その負担を考えると手が出ない方も多いに違いありません。
カベルタというバイアグラのジェネリックをご存知でしょうか。

インドで製造されている医薬品ですが、主成分はバイアグラと同じものです。
特許が切れていないバイアグラのジェネリックが、なぜ製造できるのかと思われるかもしれません。
不審に思うことも当然なことでしょう。

インドの法律によれば、2005年以前の医薬品であれば、合法的にジェネリックを作ることができるらしいのです。
バイアグラのジェネリックのカベルタも、その法律に則って製造されました。
製造・販売されるまでに、研究費がほとんど使われていないのですから、驚くほど安価で市場に出回っています。
これまでバイアグラに手が出なかった方も、カベルタなら気軽に服用することができると愛用者が増え続けています。
インドの医薬品を日本で購入することはできませんが、個人輸入を利用すれば、日本にいながらにして手に入れることもかのです。
これは勃起不全に悩まされている方には、非常にうれしいことに違いありません。